FXブログ|1ドルから取引可能なSBIFXトレードってすごい

スポンサーリンク





9歳の女の子を育てながらFX取引をしている初心者主婦のさくらこです^^

SBIFXトレードは取引単位が1通貨からでびっくり

FX取引をする時はどの証券会社もだいたい1万通貨から取引可能です。SBI証券のFX口座は1000通貨単位から取引できるので、初心者にはありがたいと思っていたのですが、なんと、SBIFXトレードは1通貨から取引できるようです。

1通貨と言うと、米ドル円だと今は120円ぐらいなので、練習するには最適だと思います。

最初はデモトレードで練習するのも良いと思います。しかし、デモトレードの場合、本番の環境と若干ズレがあるようです。まず始めはデモトレードで練習して、その次のステップとして少ない資金で本番と同じ環境でトレードできるので、SBIFXトレードはとても魅力的でおすすめだと思います。

SBIFXトレードにはデモトレードが無いようなので、デモトレードから始めたい人は、SBI証券やGMOクリック証券に口座を作る必要がありますね。

しかし、120円以内の金額で実際のトレードを体験できるなら、あえてデモトレード口座は作らなくても良いのでは?とも思います。

私はSBIFXトレードの存在を最近まで知らなかったので、口座は持っていませんでしたが、もし知っていたら、最初のトレードで使ってみたかったです。

やはり、FXにはリスクもありますから、リスクを最低限に抑えて始めることは大事なことだと思います。

1通貨と言っても、レバレッジがかかるので、実際には証拠金は「1ドル=100円の時、証拠金は4円」なので、1ドル約120円の今だと、証拠金は5円ぐらいでOKです。

もし私がこれからFXを始めるとしたら、まず最初に作る証券口座はSBIFXトレードですね。私も今、口座開設の申し込みをしているところなので、口座開設が完了して、実際にツールを使ってみてから、使いやすさを調べてみようと思います。

初心者には、ツールの使いやすさはとても重要です。

私がGMOクリック証券のFXネオを使っている理由も、スマホでの取引画面の使いやすさがあるからです。

SBI証券のFX口座も1000通貨単位の取引をしたい時に、たまに使いますが、私はGMOクリック証券の方が使いやすいです。チャートを見てからスピード注文の画面に移動するのが楽なんですよね。

使いやすさは人それぞれだと思うので、いくつかの証券会社に口座を作ってみて、自分に合ったところを使うのも勉強のうちだと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク