SBIFX新アプリの2WAYOCO注文がすごい!FX初心者に最高の使いやすさ

スポンサーリンク





9歳の女の子を育てながらFX取引をしている初心者主婦のさくらこです^^

SBI FX TRADEのアプリが新しくなったので、さっそく注文をだしてみました。

新アプリは背景が白いですね。

20151021-2

「取引」画面の2WAY OCOのタブを選んだら、最初に、取引する「数量」を入力した方がいいと思います。

下の方の「数量」の空欄に取引したい数量を入力します。

今回は練習のため、「1000USD」での取引です。

取引数量を入力したら、次に上の方にあるPIPS設定の「益出し」、「損出し」の両方にチェックを入れます。

その次に「益出し」には何pipsで利益確定するかのpips数を、「損出し」には損切りpips数を入力します。

そうすると、自動で隣の空欄に想定損益が反映します。

この時点で想定損益が確認できるので、かなり親切で初心者向けだな、と思いました。

今回私が入力した益出し「5.00」は「5pips」の意味です。

「10pips」の利益、損切りをする時は、「10.00」と入力します。

もちろん「益出し」「損出し」には、違うpips数を入力してもOKです。

ここまで入力が完了したら、真ん中に大きく表示されている「売」(青い部分)か「買」(赤い部分)の数字が動いているところを自分の買いたい(売りたい)タイミングでクリックします。

この時点で注文完了です。

注文が完了すると、次のような画面になります。

建玉数量、平均単価、損益PIPs、評価損益が一目でわかるようになります。

20151021-1

1000通貨での取引なので、損益は少ないですね。現在22円の利益ですね。

あとは、放置していても、指値か損切りかに引っかかるので、リスク管理もばっちりです。

「益出し」だけ「損切り」だけの注文もできるので、あなたの使いたいように使うことができるはずです。

1000通貨で5pipsだと利益の場合は50円、損の場合も50円です。

FXで利益を追求するのには少なすぎる金額なので、練習が終わったら1万通貨で10pipsの利益を狙ったりすれば利益は1000円になるので、自分の資金量に応じて注文を調整しながら取引してみるのがいいと思います。

利益も損益も自分でコントロールすることができるので、2WAYOCO注文は初心者にはとても使いやすい注文方法ですね。

私と同じようにこの注文を使いたい場合はSBI FXトレードの口座に申し込みをすればスマホアプリでも注文することができます!

スマホアプリで取引ができると外出中でもトレードができるので、仕事の通勤中や昼休み、家事の合間にも手軽に使えますよね。

それがとても便利なので私も気に入っています。

>>初心者向けのSBIFXTRADEは私も使っています。
SBI FX TRADE 口座開設はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク