SBIFXでシステムトレード(シストレ)がしたい?初心者にも簡単なやり方は?

スポンサーリンク





9歳の女の子を育てながらFX取引をしている初心者主婦のさくらこです^^

FXをこれから始めようと思っている人や、始めてみたけど自分のやり方が確立しないうちは、システムトレードに興味がある人もいるのではないでしょうか?

システムトレードだったら自分の裁量でやるより安定した利益が出せるイメージがありますよね。

SBIFXトレードに口座を作ってシステムトレードをしたいと考えている人がいるかと思いますが、残念ながら今のところ(2017年7月現在)SBIFXトレードではシステムトレードをすることができません。

もし口座を作るならSBIFXトレードと決めている人だったら、システムトレードは出来ないのですが、IFDOCO注文を使えば自動売買に近い取引ができるので、そちらの方がおすすめだと思います。

IFDOCO注文とは新規注文の値段と決済する時の値段を最初から決めて注文してしまうやり方です。

例えば「1ドル100円になったら買い注文を入れる、101円になったら利益確定、もし99円になったら損切りする」という注文を一度に出してしまうんです。

そうすると、1ドルが100円になった時に自動で「買い注文」が発動し、買い注文の約定と同時に「101円になったら利益確定する」という注文と「99円になったら損切りする」という注文が自動的に入ります。

すごく便利な注文方法だし、完全にシステム任せにするわけでは無いところがとても初心者向けだと思っています。

SBIFXトレードに口座を開設したら、スマホアプリでも取引ができるので、IFDOCO注文をスマホアプリから出すことだってできるんです。

なので、通勤途中や家事、育児中などのちょっとした空き時間にFXの注文を出すことができます。

もうひとつIFDOCO注文のいいところは、損が出た時の金額を限定できるところだと思います。

システムトレードに頼ってしまうと、利益が出ている時にはいいのですが、思った以上に損が出てしまったら悔しいですよね。

その点、IFDOCO注文だったらきちんと逆指値を入れている状態なので、1万通貨の取引をして自分は1500円までしか損は認めない!という人だったら決済逆指値を15pipsに設定しておけばいいということです。

最初からシステムトレードに頼りたくなる気持ち、私にもとても良くわかりますが、まずはIFDOCO注文を利用して自分でFXの仕組みが理解できるようになってからの方がいいと思います。

どんな時に利益が出て、どんな時に損が出たのかをノートに記録しておくのもいいかもしれませんね。

FX取引は口座さえ作ってしまえば簡単にできるので、FX始めたいけど迷っている人は、まずどこでもいいのでFX口座を開設してみてスマホアプリで練習してみることをおすすめします。

>>初心者向けのSBIFXTRADEは私も使っています。
SBI FX TRADE 口座開設はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク