主婦の私、FX取引をしながらスワップの魅力に気が付く

スポンサーリンク





9歳の女の子を育てながらFX取引をしている初心者主婦のさくらこです^^

今まではFX取引と言えば為替差益(円高で買って円安で売る、円安で売ってから円高で買い戻す)で利益を出すのがFXの醍醐味だと思っていました。

もちろん今でも基本的には変わらないのですが、少しまとまったお金ができたこともあって、スワップ(外国との金利差によって毎日のように利息をもらえるようなもの)にすごく興味が沸いてきました。

FXのスワップって聞くと「難しそう、なんだか怪しそう」って思う人もいるかもしれませんが、言い換えれば外貨預金とほとんど同じことです。

なので、基本的には円高の時に通貨を買っておいて、自分が買った時より価格が上がっていくか、同じくらいの水準だったら利息分が儲かるということになります。

数年前までは外貨預金では豪ドルが主流だったようですが、今は金利では米ドルのほうが優勢とのこと。

ギャンブラーな人は他の新興国の通貨でチャレンジするのもありかもしれませんが、私のような慎重派な主婦の人には米ドルか豪ドルが無難ですね。

銀行などでは「今は豪ドルより米ドルの方が利率がいいから、投資するなら米ドルがおすすめです」と言われると思います。(私はそんな風に言われました)

でもちょっと待ってください!いろいろ考えた結果、私的には今は豪ドルが魅力的なんです。

その理由は過去の価格の流れ。

米ドルは私の知っているここ10年~15年ぐらいのあいだに125円~75円ぐらいまでの価格差が生じています。

豪ドルだと100円~65円ぐらい。

現在の為替相場は米ドル109円、豪ドル78円ぐらいです。

米ドルと豪ドル、今の相場でいうと、豪ドルの方が思いっきり下げる要素が少ないと思うんです。

もし米ドルを買うとしたら、私だったらもう少しさげてくるまで待ちたいですね。

(超個人的な意見ですので、参考までに。)

試しに2018年11~12月ぐらいまでのスワップを計算してみました。

SBIFXトレードのホームページを参考にしてだいたいの価格を調べて、現金200万円を外貨預金したと想定して概算額を計算してみました。結構大ざっぱな計算なので、神経質な人はスルーしてくださいね。

米ドルだと1ドル110円で200万円分買うと約18000通貨買えます。

SBIFXトレードのスワップのページで毎日のスワップを足していくとだいたい1ヶ月で4500円ぐらいのスワップがつきます。

豪ドルだと1豪ドル79円の計算で200万円分(約25000豪ドル)買うと1ヶ月で約3000円のスワップがもらえます。

スワップは毎日変動しているので、あくまでも今現在の参考価格でしかないのですが。

毎月3000円とか4500円って1年で考えると36000円とか54000円とかになりますよね。

これ、すごくないですか?もちろん、為替相場次第でマイナスになることもありますが、ある程度円高のところで買っておけば、日本の銀行に預けておくより楽しみがあるかも!?と思っているのです。

実は銀行で「サニーガーデン」というメットライフ生命の外貨建ての保険商品を勧められて、いろいろ調べていたらSBIFXトレードで普通に外貨預金のように通貨を買っほうが良いのでは?というところに辿りついたんです。

サニーガーデンのような一時払いの外貨建て保険の場合は、10年以内に解約すると損したりするようなのですが、SBIFXトレードで通貨を買うだけならいつ売るのも自由です。

買う日だって自分で決められるし、わざわざ店舗に行く必要もないし、こっちの方が私には合ってるかな~と思ったのでした。

>>初心者向けのSBIFXTRADEは私も使っています。
SBI FX TRADE 口座開設はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク